Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ブラジルの合弁会社 共同経営を発足 日本農薬2014年10月2日

一覧へ

 日本農薬は8月、ブラジルの農薬製造販社Sipcam Agro S.A.(シプカムアグロ社)と資本提携することを発表したが、9月30日その合弁会社の概要を公表した。

 新合弁会社は、シプカムアグリ社の発行済株式の50%を、同社の親会社であるイタリアの大手農薬製造会社Sipcam S.p.A.(シプカム社)から譲渡される形で、日本農薬とシプカム社で株式を50%ずつ持つ共同経営会社となる。
 9月上旬に株式の譲渡を受け、9月中旬に社名をSipcam Nichino Brasil S.A.(シプカムニチノーブラジル社)に変更した。
 新会社の取締役会長は日本農薬顧問の新井章夫氏。最高経営責任者(CEO)はルイス・J・トラルディ氏が務める。
 日本農薬はこの業務提携については、「シプカム社が35年に亘ってブラジル市場で築き上げてきた市場ノウハウ、強力な販売普及力、製剤能力に加え、独創的な自社原体の研究開発に注力する日本農薬の研究開発力との統合による強力な相乗効果をシプカムニチノーブラジル社にもたらすものと期待している。共同経営を通じ、シプカム社と日本農薬はこれまで以上にブラジルの農業に貢献できるものと確信している」とコメントしている。


(関連記事)

日本農薬元社長・会長 大内脩吉氏が逝去(2014.09.30)

ブラジルの農薬メーカーへ出資 日本農薬(2014.08.18)

【半期決算】殺菌剤ブイゲットが伸長 日本農薬(2014.05.23)

かけこみ需要で売上増 日本農薬(2014.04.23)

農薬販売好調で大幅な増収増益 日本農薬(2014.02.18)

 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る