人事・機構改革 詳細

2014.09.30 
日本農薬元社長・会長 大内脩吉氏が逝去一覧へ

 日本農薬の元代表取締役社長・取締役会長を勤めた大内脩吉氏が9月27日、間質性肺炎のため亡くなった。享年74歳。故人の遺志により、葬儀は近親者の密葬で執り行われる予定で、弔問、弔電、香典、供花、供物などは固く辞退している。後日「お別れの会(仮称)」を執り行う予定だが、日時、場所などは未定。

日本農薬元社長・会長 大内脩吉氏 大内氏は、昭和16年生まれ。昭和39年千葉大学園芸学部卒、同年3月日本農薬株式会社入社。平成11年12月同社代表取締役社長に就任、平成20年同社取締役会長、平成25年12月より同社相談役を勤めた。
 公職では平成17年1月農薬工業会会長、平成21年5月には公益財団法人日本植物調節剤研究協会理事、一般財団法人残留農薬研究所理事、公益財団法人報農会理事、一般社団法人日本植物防疫協会理事を兼任、平成21年6月公益社団法人緑の安全推進協議会副会長などを歴任した。

(関連記事)

日本農薬が創立85周年 「世界に存在感示した」(2013.11.22)

政策提言、広報活動などを強化  農薬工業会が総会(2012.05.26)

安全で持続可能な農産物生産に向けて  農薬工業会(2011.06.03)

緑の安全管理士は2833人に 福林氏を副会長に選任  緑の安全推進協会が総会(2011.05.30)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ