左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬中毒事故、28件34人 誤飲で死亡は4人2014年12月4日

一覧へ

 農水省は11月28日、平成25年度の農薬による事故・被害の調査結果を公表した。

 人的被害の件数は28件、中毒を発症した人数は34人で、前年度に比べてそれぞれ10件26人減り、ここ5年ではもっとも人数が少なかった。死亡者数は2人増え、4人で、そのほかの30人はいずれも軽傷?中軽傷、あるいは目まい、目・喉の痛みなどあったものの医療機関での診察は受けていないため詳細は不明となっている(下表参照)。
 年齢区分では、60歳以上が15人とほぼ半数で、このうち5人が80歳以上だった。
 事故件数28件を原因別に見ると「誤飲・誤食」が11件11人で最多。次いで、作業管理不良、散布時の飛散、原因不明がいずれも4件だった。死亡事故の4件は、1件は誤飲によるもので、3件は原因不明。ただし原因不明の3件は、いずれも農薬を誤って服用したことが原因だと考えられるという。
 誤飲・誤食は、農薬を飲料の空き容器に移したり、食品と同じ場所に保管したりしたことで引き起こされているため、農水省では「空き容器に移し替えない」「飲料と分けて保管・管理する」ことを呼びかけている。

25年度農薬中毒事故被害件数


(関連記事)

農薬開発・防除の犠牲になった虫を供養(2014.11.14)

【ブックガイド】農薬と食の安全・信頼―Q&Aから農薬と食の安全性を 科学的に考える―(2014.08.29)

【平成26年農薬危害防止運動始まる】農作物・生産者・環境の安全を(2014.06.03)

農薬の使用規制でミツバチは救われるのか(2014.03.20)

農薬の中毒事故、38件60人 誤飲が最多(2013.12.25)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る