左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

インド・ムンバイに開発拠点 BASF2014年12月18日

一覧へ

 BASF(本社、ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン)は12月9日、インド・ムンバイにイノベーション・キャンパスを新設すると発表した。

BASFイノベーションキャンパス・ムンバイの完成予想 同社は2020年までに研究開発分野の人員の約4分の1をアジアに集約することをめざしている。今回のインドでの拠点新設は、2012年に中国・上海に大規模な拠点を設立したのに続く、アジア地域への大きな投資となる。
 新設される「BASFイノベーションキャンパス・ムンバイ」には約5000万ユーロを投資。約2万平方mの敷地で、農業関連製品、プロセス開発、ポリマー研究などを主な研究分野として300人の科学者を雇用する予定。始動予定は2017年。

(上イラストがBASFイノベーションキャンパス・ムンバイの完成予想)


(関連記事)

創立150周年、世界6都市でツアー BASF (14.12.11)

BASFの殺虫剤「ペイオフ」 カネショウが買収(2014.10.06)

BASF 創立150周年に向け、新たな戦略(2014.09.05)

ユーロ高で農業関連事業減益 BASF(2014.08.20)

日本農業の重要性伝える動画 BASFジャパン(2014.08.08)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る