左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

創立150周年、世界6都市でツアー BASF2014年12月11日

一覧へ

 BASF(本社、ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン)は2015年に創立150周年を迎える。12月4日の会見で150周年記念プログラムの概要を発表した。

12月4日の記者会見のようす(BASF発表資料より) 主なプログラムとしては、2015年4月23日にドイツ・ルートヴィッヒスハーフェンで開催する記念イベントのほか、1月から世界6都市で「クリエータースペース・ツアー」など。
 クリエータースペースプログラムは、150周年のテーマである「都市生活」「スマートエネルギー」「食品」の3つの分野についての課題を考え、世界中から意見やアイディアを出し合い、解決の道を探ろうというもの。2014年9月にはインターネット上にWebサイト「クリエータースペース」を開設しており(日本語版は10月にオープン)、すでにさまざまなアイディアがリアルタイムで交換されているという。
 これにちなんだワークショップ、カンファレンス、アイディア・コンテストなどの文化イベントを行うツアーは、インド・ムンバイー(1月16?23日)、中国・上海(3月20?27日)、米国・ニューヨーク(5月26?31日)、ブラジル・サンパウロ(8月17?23日)、スペイン・バルセロナ(10月26?30日)、ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン(11月20?29日)の6都市で、いずれも1週間ずつ行われる。また、3つのテーマに沿ったシンポジウムも、ドイツ(3月)、米国(6月)、中国(11月)で行う予定だ。
 また、4月23日の記念イベントでは映画音楽の製作者などとして知られるマイケル・ナイマン氏が製作する記念楽曲「150周年サウンド」を発表すること、これら1年間の活動をドキュメンタリーフィルムに収め2016年4月に公開されること、などもあわせて発表された。
 これら1年間にわたる記念プログラムについて、同社のDr.クルト・ボック取締役会長は「150周年に際し、新たな試みに挑戦し、社内、社外の方々と新たな方法で共創したい。クリエータースペースプログラムを通じて、ステークホルダーのみなさまと、より密接な関係を築きたい」とコメントした。

(写真)
12月4日の記者会見のようす(BASF発表資料より)

 

(関連記事)

BASFの殺虫剤「ペイオフ」 カネショウが買収(2014.10.06)

BASF 創立150周年に向け、新たな戦略(2014.09.05)

ユーロ高で農業関連事業減益 BASF(2014.08.20)

日本農業の重要性伝える動画 BASFジャパン(2014.08.08)

上海の研究開発施設を拡充 BASF(2014.08.05)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る