Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

土壌消毒剤の販売好調 アグロ カネショウ2015年2月19日

一覧へ

 アグロ カネショウは2月13日、平成26年12月期決算を発表した。殺虫剤、除草剤の販売は前年を下回ったが、主力の土壌消毒剤がのびたことや海外への輸出が前年を大きく上回り増収増益となった。

 売上高は前年度比3億3100万円(2.5%)増の136億8200万円、営業利益は同12億2700万円(118.1%)増の22億6700万円、経常利益は同4億1600万円(21.8%)増の23億3万円、当期純利益は同3億1100万円(23%)増の16億6700万円となった。
 国内の農薬種別販売高は、「バスアミド」「ネマキック」など全体の5割以上を占める主力の土壌消毒剤が前年度比2.5%増の74億4300万円、殺菌剤が同4%増の7億5300万円と前年を上回ったが、一方、除草剤は同1.6%減の18億6900万円、殺虫剤は同3.9%減の18億5700万円だった。また、輸出・その他については同14.8%増の17億6000万円と大きく伸びた。
 同社は農薬のエンドユーザーである生産者とのコミュニケーションを図りながら、生産者、JA・販売店などとともに展示ほ場を中心にした「トライアングル作戦」を展開。技術の普及と販売増に力を入れてきたことが奏功した。
 27年度も引き続きトライアングル作戦に取り組みエンドユーザーとの密着を図っていく。その一環で、茨城県の結城事業所内に設立した土壌分析室で生産者向け土壌分析サービスをスタートさせる。剤の販売については、国内では、病害虫の発生状況によって売り上げが左右されない土壌消毒剤の拡販に注力し、海外では、各国で農薬登録を順次取得している「カネマイトフロアブル」を中心に販売していく考えだ。
 次期業績は、売上高141億円、営業利益9億円、経常利益12億円、当期純利益6億円と増収減益を見込んでいる。


(関連記事)

カネショウ、バイエル 新規殺虫剤を共同開発(2014.12.01)

BASFの殺虫剤「ペイオフ」 カネショウが買収(2014.10.06)

アグロ カネショウ 東証1部上場へ(2014.09.05)

結城に土壌分析室を完成 アグロ カネショウ(2014.02.04)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る