左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高は4.8%減の155億6700万円 クミアイ化学2015年3月6日

一覧へ

平成27年10月期第1四半期決算発表

 クミアイ化学工業(株)は3月5日、平成27年10月期第1四半期(平成26年11月1日?平成27年1月31日)の連結業績を発表した。売上高は、前年同期比7億8100万円(4.8%)減の155億6700万円だった。

 日本経済は、一部の指標に回復の兆しがみられるものの、消費税率引き上げ後に大きく落ち込んだ景気の回復は鈍く、不透明な状況が続いている。
 こうした状況下で、同社グループの第1四半期の売上高は、155億6700万円(前年同期比4.8%減)となった。営業利益は11億3900万円(同20.0%減)、経常利益は17億100万円(同1.5%減)、四半期純利益は、同社知的財産の権利譲渡益8億8300万円を特別利益に計上したことから、16億1400万円(同35.7%増)となった。
 化学品セグメントの国内販売部門では、自社開発品を始めとした重点品目を中心に、JAに対するアプローチの強化を図り、水稲用除草剤「ピリミスルファン剤」、「トップガン剤」、「ウルフ剤」の普及拡大に取り組んだ。
 また、水稲用箱処理剤「イソチアニル剤」、園芸用殺菌剤「ファンタジスタ剤」、園芸用殺虫剤「スプラサイド剤」の市場での定着に注力した。国内販売全体の売上は、昨年の消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動が影響し、前年同期を下回った。
 海外販売部門では、畑作用除草剤「ピロキサスルホン剤」の販売が好調に推移したことに加え、棉用除草剤「ステイプル」の米国での販売が回復したことなどから、前年同期を上回った。
 結果、化学品セグメントの売上高は、145億3700万円(同5.4%減)、営業利益は11億8700万円(同20.1%減)となった。

(関連記事)

研究中の除草剤、FMCへ売却 クミ化、イハラ(2015.02.12)

自社開発剤拡販で増収増益 クミアイ化学(2014.12.19)

殺虫剤「サイアジピル」上市 デュポン(2014.11.06)

新規除草剤「フェノキサスルホン」が農薬登録(2014.10.06)

クミアイ化学 学生懸賞論文を募集(2014.06.13)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る