左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コテツフロアブルの全権利を取得2015年3月27日

一覧へ

 BASFジャパン(株)は、日本農薬(株)が保有するクロルフェナピル(製品名;コテツフロアブル)に関するすべての権利を、2015年10月をもって取得することで基本合意に至った。

 BASFは、日本農薬が保有するクロルフェナピルを有効成分とする園芸用殺虫剤「コテツフロアブル」の日本国内における登録、登録データ、商標を含むすべての資産を、2015年10月をもって取得することについて、両社が基本合意した。
 1996年以来、BASFは日本農薬との契約のもと、クロルフェナピルの供給を行ってきたが、同契約の満了により、クロルフェナピルに関するすべての権利を日本農薬から取得したものだ。これに伴い、BASFも日本国内における「コテツフロアブル」の直販事業に参入する。
 園芸用殺虫剤「コテツフロアブル」は、チョウ目、アザミウマ目、ダニ目をはじめとする幅広い害虫種に効果を示し、茶や果樹、野菜などに広く使用されている。
 BASFは既に、カスケード乳剤やプリンスフロアブルなどの園芸用殺虫剤、ナリアWDGやシグナムWDGなどの園芸用殺菌剤、ゴーゴーサン乳剤・細粒剤などの園芸用除草剤を有しており、コテツフロアブルが加わることで、BASFの園芸用農薬のポートフォリオが更に充実することになる。


(関連記事)

第4四半期・通年とも増益決算 通年の売上高は10兆4300億円(2015.03.04)

東北3県に就学支援奨学金を寄付 BASF(2015.01.14)

インド・ムンバイに開発拠点 BASF(2014.12.18)

創立150周年、世界6都市でツアー BASF (14.12.11)

BASFの殺虫剤「ペイオフ」 カネショウが買収(2014.10.06)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る