想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東北3県に就学支援奨学金を寄付 BASF2015年1月14日

一覧へ

 BASF(本社、ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン)は東日本大震災で被災した子どもたちの就学を支援するため、日本ユネスコ協会連盟に5万ユーロ(約700万円)を寄付した。

 同社は東日本大震災発生以降、緊急義捐金50万ユーロの寄付をはじめ、ユネスコと協力した「ここに笑顔」プロジェクトや、福島県での子ども実験教室の開催、聖心女子大学と連携した岩手県陸前高田市での「あそびの場」「いこいの場」の設置など、さまざまな形で被災地の子どもたちへの支援を行ってきた。
 今回の寄付は、震災による経済的な理由で就学に不安を抱える子どもが依然として多くいることから、岩手、宮城、福島の東北3県で特に被害の大きかった地域の中学3年生を対象に支給する目的で行った。約3年間の就学を支援できるという。
 BASFジャパンのヨルグ・クリスチャンシュテック社長は、この支援活動について「教育支援における実績やネットワークを持つ日本ユネスコ協会連盟と協力することで、被災地の子どもたちが就学を続けられることを祈っている」とのコメントを出している。


(関連記事)

インド・ムンバイに開発拠点 BASF(2014.12.18)

創立150周年、世界6都市でツアー BASF (14.12.11)

BASFの殺虫剤「ペイオフ」 カネショウが買収(2014.10.06)

BASF 創立150周年に向け、新たな戦略(2014.09.05)

被災地に「あそび・いこいの場」 BASF(2013.09.06)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る