Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

99.85%の農家で農薬を適正使用 農水省2015年4月6日

一覧へ

農水省は平成25年度に実施した農薬の適正使用を確認する調査の結果をまとめた。

 米・麦など穀類、豆類、野菜及び果実を生産している農家3928戸を対象に調査は実施された。
 対象農家について、記入又は聞き取りによって農薬の使用状況について調査。その結果、99.85%の農家で農薬が適正に使用されており、生産現場における農薬の適正使用についての意識が高いことが分かった。
 不適正な使用の内容は(複数回答)
▽使用してはならない農産物に誤って使用した:1例。
▽使用量又は希釈倍数が適切でなかった:2例。
▽使用回数を誤って使用した:4例。
 誤った回数で使用するなど、不適正な使用があった6戸(0.15%)の農家に対しては、地方農政局および都道府県が農薬適正使用について指導を行った。
 また、928検体の農産物について残留農薬の分析を行った結果、1検体・ネギを除いて農薬の残留濃度は食品衛生法の残留基準値を超えるものはなかった。残留基準値を超えたのはネギ98検体中1検体で、これも通常摂食する量を採取しても健康に影響をおよぼすおそれはない。

(関連記事)

新規殺ダニ剤2剤を上市 日本農薬 (2015.03.20)

確実に雑草防除を 水稲除草剤の上手な使い方 AVH-301とMY-100を核に (2015.03.20)

出荷量前年度比78%に 27農薬年度出荷実績 (2015.03.18)

【農薬登録】8剤が新登録(2月4日付) (2015.02.12)

農薬、不適正使用・残留はほぼゼロ 農水省 (2014.07.23)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る