農薬 ニュース詳細

2015.03.20 
新規殺ダニ剤2剤を上市 日本農薬一覧へ

 日本農薬(株)は3月19日、東京スクエアガーデンにおいて、新規化合物「ピフルブミド」を有効成分とする新たな殺ダニ剤「ダニコングフロアブル」・「ダブルフェースフロアブル」の上市記者会見を開催した。

神山洋一社長 日本農薬(株)の神山洋一社長は、上市記者会見の冒頭、上市された2剤とも「日本農薬が開発した新規化合物「ピフルブミド」を有効成分とする新規殺ダニ剤で、ダニ目害虫に高い活性を示す。実用化試験において、既存殺ダニ剤対比で優れた防除効果が確認されている」と述べた。


ダニコングフロアブル 「ダニコングフロアブル」(=写真右)(ピフルブミド単剤)については「ハダニに対し高い殺ダニ活性がある。薬剤効果の持続性が高く、作物の安定生産に貢献するものと期待している。また新規作用性を有し、殺ダニ剤に対して抵抗性の発達した個体群にも、高い効果を示すことから、薬剤抵抗性管理において散布ローテーションの基幹剤としても有効と考える。さらに多くの天敵や有用昆虫に対する影響が少なく、IPM(総合的病害虫管理)資材として有効に活用することができる」と期待を述べた。

 「ダブルフェースフロアブル」(=写真右下)については「当社既存のダニ剤フェンピロキシメートとの混合剤で、ハダニ以外にサビダニ、ホコリダニの同時防除が可能」と説明、両剤それぞれの特長を活かし、使用場面のニーズに合わせて普及販売に努めていくこと、販売は日本農薬1社で担当することなどを概説した。
ダブルフェースフロアブル 「ピフルブミド」の開発経費は約20億円、十数年の歳月を要したという。「ピフルブミド」を有効成分とする新規殺ダニ剤「ダニコングフロアブル」・「ダブルフェースフロアブル」の販売は、日本農薬1社だけとなる。新規殺ダニ剤は、4〜5年先を販売ピーク時期と予想、ピーク時の販売想定金額は25億円。商系2:系統1程度の比率で販売される。

 

(関連記事)

ノビエに卓効を示す期待の新規除草剤「フェノキサスルホン」上市(2015.03.11)

【現場で役立つ農薬の基礎知識 2014】[13]IPMの継続的な取り組みのために(2014.12.04)

インドの農薬製造販社を買収 日本農薬(2014.12.03)

【決算】売上高19%増の567億円 日本農薬(2014.12.02)

大内脩吉さんのお別れ会を催行 日本農薬(2014.11.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ