左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高は前年同期比5%減の174億ユーロ BASF2015年11月10日

一覧へ

2015年第3四半期業績

 BASF(本社:ドイツ)は、このほど2015年第3四半期の業績を発表した。厳しい市場環境を反映し、売上高は前年同期比5%減の174億ユーロとなった。

 利息・税金・償却控除前営業利益(EBITDA)は3億5800万ユーロ増加し、29億ユーロとなったが、これは主に減価償却費が増額したことに起因する。
 それに対し、特別項目控除前EBITは、1億7100万ユーロ減少し、16億ユーロとなった。特別項目控除前EBITは、化学品部門では小幅増、機能性材料部門では大幅増となったが、その他各部門では大幅減益となった。
 BASFの取締役会会長のDr.クルト・ボックは「今年の夏は明かな息切れ状態に陥り、9月も販売量に勢いがなかった。ブラジルのような主要市場が景気後退に陥っており、中国などでは成長率が低下している」と述べた。
 BASFは2015年の世界経済見通しを、次ぎのように下方修正した(カッコ内は以前の予測値)。
▽GDP成長率:2.3%(2.4%)、工業生産成長率:2.0%(2.9%)
▽化学品生産の成長率:3.5%(3.8%)
▽ユーロ/ドルの平均為替レート:1ユーロ=1.12ドル(1ユーロ=1.15ドル)
▽年間平均原油価格:1バレル=55ドル(1バレル=60~70ドル)
 BASFグループの2015年通期売上高は小幅に減少するものと同社は予測している。 

(関連記事)
殺ダニ剤「コテツフロアブル」を11月から販売  BASFジャパン (15.10.15)

新規水稲除草剤「かねつぐ」上市 BASF (15.02.03)

東北3県に就学支援奨学金を寄付 BASF (15.01.14)

インド・ムンバイに開発拠点 BASF(2014.12.18)

創立150周年、世界6都市でツアー BASF (14.12.11)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る