左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2015年業績発表 売上高は704億ユーロ BASF2016年3月2日

一覧へ

 BASFは2月26日、2015年(1月~12月)の業績を発表した。厳しい市場環境を反映し、売上高は前年比5%減の704億ユーロだった。

 2015年通期の売上高は5%減少し、704億ユーロとなった。ほぼ総ての事業部門で販売価格が低下(9%)したが、これは主に原材料の価格が急落したことが原因となっている。
 厳しい事業環境の中で、農業関連製品部門の第4四半期の売上高は、販売価格および販売量が上向き、5%増の12億ユーロとなった。特別項目控除前営業利益は、主に北米における除草剤事業が好調だったため、2100万ユーロ増の1億4400万ユーロとなった。
 売上高は、2014年の水準を7%上回り58億ユーロとなった。これは主に販売価格が上昇したことによる。
 2015年を通して、農産物の価格低迷が続き、農業関連製品の需要が減速した。特に新興市場では、不安定な環境や現地通貨の下落で、事業開発が妨げられた。特別項目控除前営業利益は11億ユーロとなり、前年の水準まであと一歩(2%減)だった。

(関連記事)
BASFジャパン・JAつがる弘前 六本木でマルシェ開催 (16.02.05)

売上高は前年同期比5%減の174億ユーロ BASF (15.11.10)

殺ダニ剤「コテツフロアブル」を11月から販売  BASFジャパン (15.10.15)

新規水稲除草剤「かねつぐ」上市 BASF (15.02.03)

東北3県に就学支援奨学金を寄付 BASF (15.01.14)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る