左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

BASFジャパン・JAつがる弘前 六本木でマルシェ開催2016年2月5日

一覧へ

 BASFジャパン(株)とJAつがる弘前は2月5日、六本木ヒルズ(東京都港区)のカフェスペースで「青森りんごマルシェ~農業、それは最も大切なしごと~」を開いた。JAつがる弘前はマルシェのために4000個のリンゴを準備した。

左からBASF執行役員のマルティンス氏・JAつがる弘前の代表理事常務 松山氏・同社副社長の大津氏 今回のマルシェはBASF全体で取り組むキャンペーン「農業、それは最も大切なしごと(Farming, the biggest job on earth)」の一環として行われた。
 オープニングセレモニーで挨拶を行ったBASFジャパンの大津武嗣副社長執行役員は、JAつがる弘前が海外に進出し、日本の味が伝わっていることについて、「そのブランド力には素晴らしいものがある」と述べた。同JAのブランド力と同社のブランド力が合わさることで、新しいものができるのではないかと期待を述べた。
 また同社化学・農薬統括本部 農薬事業部執行役員 レアンドロ・マルティンス氏は日本の技術力のすばらしさを褒め、「日本の電気製品のように、果物も輸出して、日本のすばらしさが伝わってほしい」と述べた。今後の同社の目標として、「生産者の方々を、(日本の農薬事業部の)テーマである『ごちそうさまの笑顔のために』とともにサポートしていきたい」とした。
 JAつがる弘前の代表理事常務 松山憲一氏は、同社が発売するカスケードなどの薬剤の効能について触れ、栽培をするうえで「なくてはならない」存在だとした。また六本木でPRすることについて「リンゴのあるイメージのない都市の中でイベントができて良かった」と話した。試食のシーンでは、「六本木で食べたからか、さらに美味しく感じました」と津軽弁で語った。JAつがる弘前はアジアを中心にリンゴの輸出を行っている。
 BASFジャパンは農薬だけでなく、資材の機能性に付加価値をつけるため化学分野で、農家の意見を聞きながら梱包材などの分野で協力していく。
 カフェスペースでは「葉取らずふじ」や「王林」のリンゴなどの販売と試食、カフェでの特別メニュー、展示の他、津軽三味線の演奏も行われた。青森りんごマルシェ~農業、それは最も大切なしごと~
(写真)左からBASF執行役員のマルティンス氏・JAつがる弘前の代表理事常務 松山氏・同社副社長の大津氏、マルシェの様子

(関連記事)
売上高は前年同期比5%減の174億ユーロ BASF (15.11.10)

殺ダニ剤「コテツフロアブル」を11月から販売  BASFジャパン (15.10.15)

新規水稲除草剤「かねつぐ」上市 BASF (15.02.03)

東北3県に就学支援奨学金を寄付 BASF (15.01.14)

インド・ムンバイに開発拠点 BASF(2014.12.18)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る