農薬 ニュース詳細

2016.03.07 
2025年までの開発新剤総売上30億ユーロを見込む BASF一覧へ

 BASF(本社:ドイツ)はこのほど、農薬事業本部が現在開発中で、2015年から2025年にかけて発売される製品の総売上高が、30億ユーロに上る見通しであることを発表した。

 BASFは、農業生産者に包括的なソリューションを提供する戦略に従って、殺菌剤、殺虫剤、除草剤の全ての分野の新製品を、畑作・園芸作物向けに発売する予定だ。
 BASFは、長年にわたる研究開発への投資で有望な製品を開発してきた。同社が農薬事業本部の研究開発に投資した金額は、2015年の1年間だけで5億1400万ユーロに上る。
 殺菌剤分野では、2019年以降、市場への大きなインパクトが見込まれる新規化合物を発表する予定だ。この殺菌剤は、既に開発後期に進んでおり、効果的な病害防除のツールとなることが期待されている。トウモロコシ、穀物、大豆および園芸作物などに発生する幅広い病害に対し、優れた効果を示すことが明らかになっている。
 除草剤では、「ジカンバ」を利用した最新の優れた製剤が、市場を牽引するイノベーションとなることが期待されている。
 「Engenia」はジカンバ・グリホサート耐性作物を用いた栽培体系用に開発され、畑の抵抗性雑草に高い防除活性を発揮する。同剤は現在登録商標出願中だが、今年後半には南北アメリカで発売予定だ。
 またノスズメノテッポウなど抵抗性雑草に卓効を示す製品の開発に取り組んでおり、今後10年以内に発売する予定だ。さらに水稲用除草剤耐性システム「Provisiaライスシステム」を2017年に発売する予定だ。
 殺虫剤ポートフォリオについても、今後10年以内に2つの新規化合物が加わり、害虫駆除および耐性管理のツールが拡充される。
 有効成分ブロフラニリドは、殺虫剤最大のセグメントである咀嚼(そしゃく)性害虫の駆除に優れた効果を示し、畑作・園芸作物のほか、非農耕地用害虫防除の市場でも使用される。
 また画期的な新規有効成分「Inscalis」は、アブラムシ、コナジラミ、ヨコバイ、キジラミ、カイガラムシなどの吸汁性害虫に高い効果と長い残効性を発揮する。
 これら2つの製品は、畑作・園芸作物、花き用にも使用され、世界各地の市場で発売される予定だ。

(関連記事)
2015年業績発表 売上高は704億ユーロ BASF (16.03.07)

BASFジャパン・JAつがる弘前 六本木でマルシェ開催 (16.02.05)

売上高は前年同期比5%減の174億ユーロ BASF (15.11.10)

殺ダニ剤「コテツフロアブル」を11月から販売  BASFジャパン (15.10.15)

新規水稲除草剤「かねつぐ」上市 BASF (15.02.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ