農薬 ニュース詳細

2016.05.16 
生物的防除・種子処理研究開発センター開設 BASF一覧へ

 BASF(本社:ドイツ)は、生物的防除(バイオロジカルコントロール)と種子処理(シードソリューション)の研究開発センターをドイツ・リンブルガーホフに新設し、稼働を開始した。

 この研究センター新設の目的について同社では、将来性と関連性の高い生物的防除と種子処理の研究拠点として、化学および生物学の双方からの研究開発を通じて、「従来の作物保護を越えた新しい技術の創造をめざしていく」ことにあるとしている。
 この研究センター新設によって、種子処理および生物的防除の試験を行っているブラジル、アルゼンチン、フランス、英国、南アフリカ、中国、オーストラリア、アメリカ、カナダなどのBASF試験研究機関間のネットワークが強化されることも期待されている。

今日のニュースへ戻る

(BASFの関連記事)
2025年までの開発新剤総売上30億ユーロを見込む BASF (16.03.07)

2015年業績発表 売上高は704億ユーロ BASF (16.03.07)

BASFジャパン・JAつがる弘前 六本木でマルシェ開催 (16.02.05)

売上高は前年同期比5%減の174億ユーロ BASF (15.11.10)

殺ダニ剤「コテツフロアブル」を11月から販売  BASFジャパン (15.10.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ