農薬 ニュース詳細

2017.02.02 
2016年通期業績発表 売上高は482億ドル ダウ・ケミカル一覧へ

 ダウ・ケミカルは2017年1月31日、2016年通期業績を発表した。売上高は前年比1%減の482億ドルとなった。

 ダウのアンドリュー・リバリス会長兼CEOは今後の見通しを「消費者動向が堅調であることや、新政権が構造改革を約束したことが追い風となり、米国経済が拡大期にはいりつつある」とした。
 続けて「今年もわれわれは、財政・事業計画を実現すること、ダウ・デュポンの取り引きを完了し、完了後の分割計画を迅速に進めること、戦略的成長プロジェクトを活用すること、の3つの優先課題に真摯に取り組んでいく」とコメントした。
 2016年通期1株利益は3.25ドル、1株営業利益は3.72ドル、売上高は482億ドルとなった。販売数量数量は前年比5%~4%増となった。EBITDAは80億ドル、営業EBITDAは98億ドルだった。
 コンシューマー・ソリューションズ事業部門、インフラストラクチャー・ソリューションズ事業部門、農業科学事業部門が増加し、営業EBITDAは前年比2億1200万ドル増となった。
 営業キャッシュフローは、前年の75億ドルに対し、2016年は55億ドルとなった。20億ドルを超える非営業項目の影響により、前年比では減少したが、それらの項目を除くと、営業キャッシュフローは2億ドル超増加した。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ