左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2016年通期業績発表 売上高は482億ドル ダウ・ケミカル2017年2月2日

一覧へ

 ダウ・ケミカルは2017年1月31日、2016年通期業績を発表した。売上高は前年比1%減の482億ドルとなった。

 ダウのアンドリュー・リバリス会長兼CEOは今後の見通しを「消費者動向が堅調であることや、新政権が構造改革を約束したことが追い風となり、米国経済が拡大期にはいりつつある」とした。
 続けて「今年もわれわれは、財政・事業計画を実現すること、ダウ・デュポンの取り引きを完了し、完了後の分割計画を迅速に進めること、戦略的成長プロジェクトを活用すること、の3つの優先課題に真摯に取り組んでいく」とコメントした。
 2016年通期1株利益は3.25ドル、1株営業利益は3.72ドル、売上高は482億ドルとなった。販売数量数量は前年比5%~4%増となった。EBITDAは80億ドル、営業EBITDAは98億ドルだった。
 コンシューマー・ソリューションズ事業部門、インフラストラクチャー・ソリューションズ事業部門、農業科学事業部門が増加し、営業EBITDAは前年比2億1200万ドル増となった。
 営業キャッシュフローは、前年の75億ドルに対し、2016年は55億ドルとなった。20億ドルを超える非営業項目の影響により、前年比では減少したが、それらの項目を除くと、営業キャッシュフローは2億ドル超増加した。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る