Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トウモロコシ・ハイブリッド種子事業を売却 ダウ・ケミカル2017年7月18日

一覧へ

ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(本社:米国ミシガン州、会長兼CEO:アンドリュー・リバリス)は、ダウ・アグロサイエンスのブラジルにおける種子事業の一部を、CITICアグリファンドに11億ドルで売却する契約を締結した。

 売却対象は、種子加工設備、研究開発センター、ダウ・アグロサイエンスのブラジルでの遺伝子資源バンクの情報、モルガンブランドのほか、ダウ・シーズブランド(Dow Sementes)を一定期間ライセンスすることを含む。2016年のこれらの資産による売上高は、約2億8700万ドルだった。
 この売却は、デュポンとの対等経営統合計画について、ブラジルの経済擁護行政委員会から承認を取得した際の条件を満たすものとなる。売却は、ダウとデュポンの統合完了およびCADEによる承認を含む関連当局の承認を条件に行われる。
 アンドリュー・リバリス会長兼CEOは、今回の売却発表について「関連当局の承認プロセスを更に前進させるものであり、デュポンとの経営統合後に、計画されている3社分割が生み出す価値の可能性と戦略理論を保持するものとなる」とし、続けて次のように述べた。
 「この契約は、株主、顧客そして従業員など、全てのステークホルダーに最善の利益をもたらすものと考えている。今回の売却後も、われわれの製品ポートフォリオは、さらに強力な農業科学会社を形作るとともに、より幅広い選択肢とイノベーションを世界中の農家にもたらすだろう」。
 この地域限定の承認条件は、すでに発表されているデュポンのグローバルな作物保護関連ポートフォリオ、研究開発品および開発組織の売却や、ダウのグローバルなエチレンアクリル酸コポリマーおよびアイオノマー事業の売却に追加されるものだ。
 これらの対応策は、欧州委員会をはじめ、その他の関連当局の承認条件に沿ったものとなっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る