Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新殺菌剤が欧州で承認取得 BASF2019年3月15日

一覧へ

 BASF(独)は、新規殺菌剤「Revysol(R)(レヴィソル)」が欧州で承認を取得したことを発表した。

 レヴィソルは、市場に導入される最初のイソプロパノール-アゾールの殺菌剤。
 農業生産者は、増加する耐性菌に対処できる製品数が少ないなど、農場を管理するうえで多くの課題に直面している。これは、規制が強化されていることと、新しい有効成分の発見が困難であることに起因しているといえる。
 今回EUで承認されたレヴィソルは、「耐性菌と闘い農業経営を最適化するための革新的で高性能なツールを、欧州および世界中の生産者に届けるための重要なマイルストーンとなる」と同社は語っている。
 BASFはまず、欧州の全耕作地の50%以上を占める最も重要な畑作物である穀物向けの製品登録を申請した。レヴィソルは小麦の葉枯病やさび病、大麦のラムラリア菌など重大な病気に高い効果を発揮する。穀物向けのレヴィソルをベースとした製品は、国の認可を経て2020年シーズンに向けて2019年に発売される予定だ。
 今後、アブラナ、トウモロコシ、果物、ブドウ、野菜など他の重要な作物における製品登録も行う予定。
 レヴィソルは欧州以外にも、アジア太平洋地域と南北アメリカにおいて、40種以上の農作物への製品登録を申請している。有効成分は、世界中の生産者が様々な栽培条件下で作物をより効果的に保護できるように、カスタマイズされた処方で利用できるようになる。

 
Revysol(R)(レヴィソル)BASF.jpg

 

(関連記事)
持続可能な農業のためのイノベーション BASF(19.03.15)
BASFが新規殺菌剤販売 「アクサー(R)フロアブル」と「イントレックス(R)フロアブル」(19.01.29)
スマート農業 小規模・中山間にも導入を BASF(19.01.25)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る