想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

適用拡大情報「アフェットフロアブル」 アグロカネショウ2020年3月27日

一覧へ

 アグロカネショウは3月25日、殺菌剤「アフェットフロアブル」(ペンチオピラド水和剤)が適用拡大されたことを発表した。

【変更された内容】
・作物名「なす」の適用病害虫名に「褐色斑点病」を追加。
・作物名「ピーマン」、「ししとう」の適用病害虫名に「斑点病」を追加。
・作物名「レタス」、「非結球レタス」の適用病害虫名に「白絹病」を追加。
・作物名「らっかせい」を追加。
・作物名「豆類(未成熟)」を「豆類(未成熟、ただし、えだまめを除く)」と「えだまめ」に分割し、「えだまめ」の適用病害虫名に「うどんこ病」を追加。
・作物名「豆類(種実、ただし、らっかせいを除く)」を「豆類(種実、ただし、だいず、らっかせいを除く)」と「だいず」に分割し、「だいず」の適用病害虫名に「うどんこ病」を追加。
・作物名「カリフラワー」を追加。
・作物名「花き類・観葉植物(きく、ゆり、チューリップを除く)」、「きく」、「ゆり」、「チューリップ」の適用病害虫名に「うどんこ病」を追加。
・作物名「花き類・観葉植物(きく、ゆり、チューリップを除く)」を「花き類・観葉植物(きく、ゆり、チューリップ、りんどうを除く)」と「りんどう」に分割し、「りんどう」の適用病害虫名に「花腐菌核病」、「褐斑病」、「黒斑病」、「うどんこ病」を追加。
・作物名「食用ぎく」の適用病害虫名に「うどんこ病」を追加。
・作物名「きゅうり」の適用病害虫名「うどんこ病」の使用方法に「常温煙霧」を追加。
・作物名「なす」の適用病害虫名「すすかび病」の使用方法に「常温煙霧」を追加。
・作物名「しそ」、「しそ(花穂)」の適用病害虫名に「斑点病」を追加。

【使用上の注意事項の変更】
<変更前>
【第8項】
(5) ハウス等で常温煙霧に使用する場合は以下の注意事項を守ること。
 1.常温煙霧中は室内へ入らないこと。
 2.専用の常温煙霧機により所定の方法で煙霧すること。特に常温煙霧装置の選定及び使用にあたっては、病害虫防除所等関係機関の指導を受けること。
 3.作業はできるだけ夕刻行い、作業終了後6 時間以上密閉すること。できれば翌朝までそのままとし、開放後十分換気してから入室すること。

<変更後>
【第8項】
(1) 使用前によく振ってから使用すること。
(2) 薬剤耐性菌の出現を防ぐため、本剤の過度の連用はさけ、なるべく作用性の異なる薬剤との輪番で使用すること。
(3) 空容器は圃場などに放置せず、適切に処理すること。
(4) ぶどうの幼果期(小豆大)以降の散布は、果粉が溶脱するおそれがあるので使用をさけること。

(5) ハウス等で常温煙霧に使用する場合は以下の注意事項を守ること。
 1.常温煙霧中は室内へ入らないこと。
 2.専用の常温煙霧機により所定の方法で煙霧すること。特に常温煙霧装置の選定及び使用に
あたっては、病害虫防除所等関係機関の指導を受けること。
 3.作業はできるだけ夕刻行い、作業終了後6 時間以上密閉すること。できれば翌朝までそのままとし、開放後十分換気してから入室すること。

(6) 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意すること。とくに適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

<変更前>
【第9項】
(3)常温煙霧中はハウス内へ入らないこと。また、常温煙霧終了後はハウスを開放し、十分換気した後に入室すること。

<変更後>
【第9項】
(1) 本剤は眼に対して弱い刺激性があるので眼に入らないよう注意すること。眼に入った場合には直ちに水洗すること。
(2) 本剤は皮膚に対して弱い刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意すること。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落とすこと。
(3) 常温煙霧中はハウス内へ入らないこと。また、常温煙霧終了後はハウスを開放し、十分換気した後に入室すること。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る