Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

殺ダニ剤「ダニオーテフロアブル」の販売開始 日本曹達2020年10月14日

一覧へ

日本曹達は殺ダニ剤「ダニオーテフロアブル」の販売を開始した。

「ダニオーテフロアブル」「ダニオーテフロアブル」
(クリックで拡大)

この新剤は新規の作用機構を有する殺ダニ剤で、既存剤に対して感受性の低下したハダニ類に優れた効果が確認され、各種ハダニ類の全ステージに活性を示した。また、天敵・有用昆虫への影響が少なく、IPM(総合的病害虫・雑草管理)での活用に適しており、気温による効果変動が小さいことから安定して高い効果が期待できる。

適用害虫はかんきつのミカンハダニで希釈倍数(倍)は2000~3000、使用量は(ℓ/10a)で200~700、使用回数は1回。アシノナピルを含む農薬の総使用回数は1回。使用方法は散布で、期間は収穫の前日まで。

このほか、リンゴや梨、イチゴなどのハダニ類にも使用できる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る