Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

売上高は715億2500万円 2021年3月期決算短信 日本農薬2021年5月13日

一覧へ

日本農薬は5月12日、2021年3月期決算短信を発表した。

売上高は715億2500万円。営業利益は69億8100万円、経常利益は57億2200万円で、親会社株主に帰属する同期純利益は43億4400万円となった。セグメント別の概況は以下のとおり。

<農薬事業>
国内農薬販売では、水稲用殺菌剤チアジニル(商品名:ブイゲット)や園芸用殺菌剤ピラジフルミド(商品名:パレード)などの主力自社開発品目の普及拡販に努めた。また、前期から商慣習改善による農薬の使用時期および流通実態に即した販売の平準化を図ったことなどから売上高が伸長した。2020年4月から配信するスマートフォン用アプリケーション「レイミーのAI病害虫雑草診断」は、1月に診断作物を既存の水稲に加えキャベツ、レタス、はくさい、ブロッコリーおよびねぎを追加し、スマート農業を通じた生産者の利便性の向上を図っている。

海外農薬販売では、世界最大の農薬市場であるブラジルは需要が回復基調にあるが、競争激化などからSipcamNichino Brasil S.A.の販売が伸び悩んだ。一方、北米ではNichino America,Inc.で技術普及活動が奏功した殺虫剤ブプロフェジンと落花生の作付面積拡大により需要が増加した殺菌剤フルトラニルの販売が牽引し売上高が伸びた。

インドのNichino India Pvt.Ltd.では、良好なモンスーンの降雨に加え、今期から販売を始めた園芸用殺虫剤トルフェンピラドと殺虫剤フルベンジアミドが寄与し、売上高が伸長。さらに、欧州では競合剤から市場シェアを獲得したばれいしょ枯凋剤ピラフルフェンエチルの販売が増加したことなどにより、Nichino Europe Co.,Ltd.の売上高が伸長した。

ノウハウ技術料収入は、技術導出先の販売が伸び悩んだことなどから減少。以上の結果、農薬事業の売上高は653億8600万円、セグメント利益(営業利益)は59億9800万円となった。

<農薬以外の化学品事業>
化学品事業では、住宅着工戸数の減少などから株式会社アグリマートのシロアリ薬剤の販売が伸び悩んだ。一方、医薬品事業では、外用抗真菌剤ルリコナゾールおよびラノコナゾールの足白癬分野の売上高が伸長した。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る