おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

新規有効成分を含む大豆用殺菌剤「エクスカリア マックス」の農薬登録を取得 住友化学2022年5月24日

一覧へ

住友化学株式会社は、新規有効成分「インディフリン」を含む大豆用殺菌剤「エクスカリア マックス」の農薬登録をブラジルで取得した。

「エクスカリア マックス」は、住友化学が独自に発明した新規有効成分「インディフリン」を含む殺菌剤で、大豆の最重要病害であるさび病のほか、褐色輪紋病に対して優れた効力を示す。現在、ブラジルを含む南米地域は農薬市場の約30%を占めており、今後も世界最大の市場として安定的な拡大が見込まれている。住友化学は、南米のグローバルフットプリント(自社事業拠点)整備の一環として、2020年4月にオーストラリアの大手農薬会社ニューファーム社から南米の子会社4社を買収して販売と製造拠点を獲得した。その上で、住友化学が保有する圃場を併設したブラジルの研究拠点開発と合わせて、開発から製造、販売まで一貫した事業体制を強化してきた。

「インディフリン」はブラジルでの農薬登録制度の下、防除が極めて重要な病害虫に有効な製品を優先的に審査する仕組み(プライオリティ・リスト)の適用を経て、登録認可に至った。同社は「インディフリン」を含む殺菌剤について、2020年に日本国内、2021年に米国、カナダ、パラグアイで販売を開始したほか、アルゼンチンやEUでも農薬登録を申請しており、様々な国や地域の当局で審査が進められている。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る