2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農薬の市場規模 2030年に2895億米ドル到達予測2022年9月14日

一覧へ

グローバルインフォメーションは9月12日、市場調査レポート「農薬の市場規模、シェア、動向分析レポート:製品別(肥料、作物保護化学品)、用途別(穀物、油糧種子、豆類)、地域別、セグメント別予測、2022年~2030年」(Grand View Research, Inc.)の販売を開始した。

同レポートによると、農薬の市場規模は、2022年から年平均成長率(CAGR)3.2%で成長し、2030年には2895億米ドルに達すると予想。これは、肥料の必要性と殺虫剤と肥料に対する消費者意識に起因していると考えられる。

急速な工業化と人口増加により耕作可能な土地が減少し、肥料や植物成長調整剤などの農薬の使用量が増加していることが、市場の拡大にさらに拍車をかけている。また、農薬セグメントは、動物飼料や繊維産業で必要とされる作物の需要増加の恩恵を受けている。

2021年には、肥料が農薬市場を支配。低コストで簡単に入手できることから、リン酸肥料と窒素肥料が最も頻繁に使われており、化学肥料を完全に見送る有機農業の流れから、バイオ肥料の需要が高まっている。

世界的な農作物と食料需要の増加により農地への圧力が高まっており、農家は生産量と収量を高めるために、より多くの肥料を使用。肥料の市場規模は、2021年の1503億米ドルからCAGR2.8%で成長し、2030年には1880億8000万米ドルに達すると予測されている。

オーキシンやサイトカイニンなどの植物成長調整剤は、高い成長率で拡大するとみられる。有機農業の人気の高まりは、植物成長調整剤の主要な牽引要因となり、市場での浸透率を高めることが予想される。

消費者や実業家の間で環境安全に関する関心が高まっていることが、メーカーに影響を与え、環境に優しい農薬製品の販売につながっている。農薬市場で事業を展開している企業は、一貫して研究開発に取り組み、革新的な環境に優しい製品を開発。例えば、Clariant社はバイオベースのグリーン農業用アジュバント「シナゲンOS」を提供。この製品は、メチル化種子油でできている。

2019年のリン酸アンモニウムの消費量は、アジア太平洋地域が最大を占めた。中国が主導する同地域は、肥料や農薬の最大の製造・消費国。インド、中国、日本を含むこの地域の国の経済は農業に依存しており、リン酸アンモニウムを中心とした肥料の需要を増加させている。

欧州は硝酸の最大の消費国で、全体の約半分を消費。同地域は、スウェーデンやスペインなどの農業部門の成長により、硝酸と硝酸アンモニウムの需要を牽引している。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る