人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

農薬創製の決定版『新しい農薬原体・キー中間体の創製2024』発売 シーエムシー出版2023年11月21日

一覧へ

シーエムシー出版は11月21日、農薬原体71品目と農薬原体合成のキー中間体85品目の製法を網羅した農薬創製の決定版『新しい農薬原体・キー中間体の創製2024』(22万3300円・税込)を発刊。同社ECサイトと全国の書店で注文を受け付けている。

農薬創製の決定版『新しい農薬原体・キー中間体の創製2024』発売 シーエムシー出版

同書は新農薬の創製に携わる研究者・技術者とファインケミカル製品の研究開発、マーケット関連の担当者に向けて発売。

主に化学農薬の研究開発について最近の動向をまとめており、第Ⅰ編では国内および海外で開発中または上市された農薬原体71品目について製法を解説。

第Ⅱ編では原体の製造過程における重要なキー中間体について紹介し、第Ⅲ,Ⅳ編ではここ数年の農薬の開発動向と含窒素複素環系機能性化学品について詳述した。さらに第Ⅴ編では市場動向についてまとめている。

農薬創製の決定版『新しい農薬原体・キー中間体の創製2024』発売 シーエムシー出版◎主な目次
【第Ⅰ編最新の農薬原体】(計71品目計)
1 殺虫剤
2 殺ダニ剤
3 殺線虫剤
4 殺菌剤
5 除草剤
6 硝化抑制剤
7 植物成長調節剤

【第Ⅱ編農薬原体のキー中間体】(計85品目)
1 殺虫剤
2 殺ダニ剤
3 殺線虫剤
4 殺菌剤
5 除草剤
6 植物成長調節剤

【第Ⅲ編新規農薬の開発動向】
第1章:新規ウンカ防除剤ベンズピリモキサンの創出
第2章:殺虫剤フルピリミンの創製
第3章:新規農業用殺菌剤インピルフルキサムの創製
第4章:殺虫剤アフィドピロペンの創製
第5章:新規殺菌剤キノプロールⓇ(一般名:イプフルフェノキン)の創製
第6章:殺菌剤キノフメリンの創製
第7章:新規水稲用除草剤フェンキノトリオン(EFFEEDAⓇ)の創製

【第Ⅳ編含窒素複素環系機能性化学品】
第1章:ピラジン系機能性化学品(食品香料、農薬、医薬品、電子材料など)
〔1〕食品香料;農薬の中間体
1.はじめに
2.ピラジン化学発展の歴史
3.食品香料
4.農薬中間体
〔2〕医薬品(触媒、電子材料、配位子、液晶)中間体
5.医薬品(触媒、電子材料、配位子、液晶)中間体
6.おわりに

第2章:キノキサリン系機能性化学品(染料、農薬、動物用医薬品、医薬品、食品香料、配位子、補遺)
〔1〕染料、農薬の中間体
1.はじめに
2.キノキサリンの化学発展の歴史
3.染料中間体
4.農薬中間体

〔2〕動物用医薬品、医薬品、食品香料、配位子の中間体および補遺
5.動物用医薬品
6.医薬品中間体
7.食品香料
8.配位子中間体
9.補遺
10.おわりに

第3章:ピリダジン系機能性化学品(染料、農薬、医薬品など)
〔1〕二置換ピリダジン誘導体
1.はじめに
2.ピリダジン化学発展の歴史
3.二置換ピリダジン系

〔2〕三置換ピリダジン、C-フェニルピリダジンおよびN-フェニルピリダジン誘導体
4.三置換ピリダジン系
5.C-フェニルピリダジン系
6.N-フェニルピリダジン系

〔3〕ムコクロロ酸,二環式ピリダジンおよびフタラジン誘導体
7.ムコクロロ酸誘導体
8.二環式ピリダジン系
9.フタラジン系
10.おわりに

【第Ⅴ編農薬の市場動向】
第1章:農薬工業の市場動向
1.需給動向
2.輸出入動向
3.生産動向
4.業界動向
5.開発動向

第2章:国内農薬市場の推移―殺菌剤を中心にして―
1.はじめに
2.農薬全体の出荷金額と出荷量の推移
3.殺菌剤の出荷金額の推移
4.おわりに

農薬原体・キー中間体索引

(画像)
01:※イメージで使ってください

02:『新しい農薬原体・キー中間体の創製2024』

・・・・・・・・・・・

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る