Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬:防除学習帖

野菜の病害防除6【防除学習帖】第52回2020年5月22日

一覧へ

6.炭疽病

(1)病原菌

ア.菌種
病原菌は、子のう菌類(または類縁)に属する糸状菌(かび)である。
高温多湿を好み、雨が多い時に被害が大きくなるものが多い。
野菜や草花、果樹など多くの作物に発生する。

防除学習帖No.52 表1

イ.病徴
一般的には、茎葉では、灰白色や黒ずんだ円形から紡錘形の斑点が表面に現れ、後に葉や茎全体へと広がる。葉柄に発生した場合は、病斑部より先端が枯死する。
いちごの場合、クラウン部に発生すると、下葉が生気を失って垂れ下がるようになり、病勢が進むと株全体がしおれて枯死する。クラウン部を切断すると外から内側へ褐変が生じる。

ウ.被害
葉や茎が侵されると著しく生育不良になりひどい場合には枯死する。また果実に発生すると著しい品質の低下や収量減少を起こす。


(2)生活環

被害茎葉内に潜伏している菌糸や発病後に放出された胞子が付着した育苗資材、病原菌の胞子や菌糸を内在する汚染種子・苗が第一伝染源となる。
春先に病斑をつくり、その上に分生胞子を形成する。
この分生胞子は、雨滴や水やり時の水滴に乗って周囲に伝搬していき、自身に粘性があるため風で飛ばされて伝搬することはない。


(3)防除法

ア.耕種的防除
雨滴や灌水時の水滴など伝搬には水が絡むので、水滴が作物の茎葉にできるだけ触れないようにすることが防除の第一歩である。
このことを念頭に置いた上で、次の対策の内、実行可能なものを積極的に実行する。
(1)窒素質(N)肥料のあげすぎ(葉色が濃緑になる)は発病を助長するので、土壌診断に基づいた適正施肥を行う。
(2)雨滴で伝搬するので、雨除け栽培やハウス栽培を行う。
(3)被害葉、被害果実、巻きひげ等は翌年の伝染源になるので、できるだけ取り除く。
(4)排水を良くして、敷きワラやマルチなどを施して、土や水の跳ね上がりを防ぐ。
(5)種子の温湯消毒が可能な作物(シュンギク等)の場合は、実施する。


イ.化学的防除
(1)効果のある有効成分
主要な防除薬剤は以下のとおりである。
炭疽病の発生が多くなった後では、たとえ治療効果のある薬剤でも十分な効果を発揮することが難しい。
効率的に防除するには、予防効果のある薬剤の定期散布を基本とし、病害が発生したら、発生初期のまだ病害が少ないうちに治療効果のある薬剤を使用して徹底防除を行うとよい。
「病害蔓延後に使用しても効果が期待できる治療剤は無い」と考え、早め早めの予防剤あるいは予防治療混合剤によるローテーション散布が最も重要である。

防除学習帖No.52 2

クリックで拡大

(2)土壌消毒の徹底

土壌中に存在する病原菌を効率的に除去するのに有効な方法である。土壌消毒の方法によって使用方法は異なるが、薬剤の土壌混和・被覆、土壌灌注処理・被覆といった方法が一般的である。

(3)作物別有効薬剤

炭疽病に登録のある農薬の使用方法、適用作物を別表に示したので参考にしてほしい。散布剤を使用する場合は、株元や葉裏にも薬液が十分にかかるように丁寧に散布する。

防除学習帖No.52 3

クリックで拡大

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る