人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

農薬:防除学習帖

みどり戦略に対応した防除戦略(10)空中散布【防除学習帖】 第216回2023年9月16日

一覧へ

令和3年5月に公表され、農業界に衝撃を与えた「みどりの食料システム戦略」。防除学習帖では、そこに示された減化学農薬に関するKPIをただ単にKPIをクリアするのではなく、できるだけ作物の収量・品質を落とさない防除を実現した上で、みどりの食料システム法のKPIをクリアできる方法がないかを探ろうとしている。
現在、水稲栽培を種子消毒、播種・育苗期、移植、生育期、収穫期の五つに分け、その時期の農薬の使用場面ごとにみどり戦略対策の方向を探っており、前回、生育期~収穫期の病害虫防除について検証し、本田粒剤1回+地上散布2回の体系を比較した。今回は、地上散布を空中散布にした場合の例について比較する。

1.生育期~収穫期の空中散布

前回紹介したように、この時期に発生する病害虫は、米の品質に大きく影響するものが多いため、丁寧な防除が行われることが多い。その防除法の一つに無人ヘリによる空中散布がある。空中散布は、合計2回実施されることが多いので、地上散布と比較しやすいように前回使用した体系1~3のいもち初発前本田粒剤を省いた地上散布2回の体系(1~3)と比較してみる。

対象病害虫は、いもち病、ウンカ、ニカメイチュウ、穂枯れおよび斑点米カメムシ類を対象として、実際の防除暦を参考に次のような防除体系を例に考えてみる。

 体系1:いもち・ニカメイチュウ・ウンカ→穂枯れ・斑点米カメムシ
     (散布剤B)          (散布剤C)   
 体系2:いもち・ニカメイチュウ・ウンカ→穂枯れ・斑点米カメムシ
     (散布剤F)          (散布剤G)   
 体系3:斑点米カメムシ→ 穂枯れ・斑点米カメムシ
  (殺虫粒剤K)     (散布剤L)  
 体系4:いもち・ニカメイチュウ・ウンカ→穂枯れ・斑点米カメムシ
   (空中散布剤M)          (空中散布剤N)   
 体系5:いもち・ニカメイチュウ・ウンカ→穂枯れ・斑点米カメムシ
   (空中散布剤H)          (空中散布剤J)   

2.使用する薬剤のリスク換算量比較

体系例で使用される薬剤毎のリスク換算量を計算すると以下のとおりになる。

リスク換算量から考えると、空中散布剤は、濃厚少量散布が基本となるためか、リスク換算量も地上散布剤よりも少なくなる。例えば、下記の体系で最もリスク換算量の多い体系1が52.5であるのに対し、最もリスク換算量の少ない体系5が13.3であり、約4倍の開きがある。

同じ有効成分であれば、地上散布の粒剤や粉剤のリスク換算量が最も大きく、それよりも水に希釈して地上散布するフロアブル剤などが小さく、さらに希釈空中散布剤が小さくなる。このように、リスク換算量を減らすことだけを考えれば、同じ有効成分であれば、空中散布剤を選択した方がリスク換算量を減らせる計算になる。

周辺作物へのドリフトの影響などから、空中散布が選ばれない地域もあるかと思うが、あくまで散布方法でリスク換算量の少ない体系を選ぶとすると空中散布を取り入れた体系の方が実はリスク換算量を減らせる防除体系であると言える。

水稲本田病害虫防除体系の10aあたり有効成分量・リスク換算量

3.対策の考え方

殺虫殺菌剤も除草剤と同様に、リスク係数が小さく、有効成分含量が少ない薬剤の方がリスク換算量も少なくなるので、効果が同じであればリスク換算量の少ないものに変更することで10aあたりのリスク換算量を減らすことができる。ただし、きちんと防除できることが最優先なので、あくまで防除効果を優先して検討してほしい。

その原則を踏まえた上でリスク換算量を減らす方法としては、効果が同じ薬剤で、よりリスク換算量の少ない有効成分を含む製品に変更する。ただし、有効成分が変わると防除効果が変わることも多いので、効果が同等であることを確認して変更するように心がける。

なお、実は空中散布はリスク換算量が少ない散布方法なので、現行の防除体系で地上散布剤を使用している場合は、それと同じ有効成分の空中散布剤に変更することで、防除効果を変えずに、多くて25%程度もリスク換算量を減らせる(上記体系例比較)計算になる。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る