Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

農薬:年頭のあいさつ2021

【年頭あいさつ】大きな希望が芽生える年に 小池好智 農薬工業会会長2021年1月3日

一覧へ

農薬工業会小池会長本文.jpg小池好智 農薬工業会会長

新年おめでとうございます。さわやかな新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年は新型コロナウイルス感染症の拡大、記録的な豪雨等の気象災害やウンカによる被害が発生しました。日々ご尽力されている医療関係者の方々に敬意を表するとともに、感染症に苦しまれている方々やコロナ禍で経済的影響を受けられた方々、豪雨等により農作物に被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、国連食糧農業機関FAOによれば、食用作物の最大40%が病害虫の被害によって失われ、何億人もの人々が十分な食料を入手できずに苦しんでいるとされています。国連でも、植物病害虫まん延防止に向けた取組の重要性に対する世界的な認識を高めるため、2020年を国際植物防疫年とすることが採択され、活動を行っております。当会は、国際植物防疫年オフィシャルサポーターとして、国連で採択されたSDGsとも関連付けながら、農業への業界としての貢献を掲げたビジョン活動「JCPA VISION 2025」を推進し、植物病害虫や雑草による被害を防ぐ作物保護の重要性を周知することに努めています。

一方、国内では、人口は漸減傾向にあり、輸入も含め食料供給は潤沢なことから、食料不足という不満は生じていません。しかし、農業担い手の減少と高齢化による労働力不足が深刻化しており、スマート農業への取り組みが急がれています。農水省「スマート農業実証プロジェクト」では、農薬散布においても、先端技術の導入・活用の一つとしてドローンの利活用が進んでおり、水稲に加え、ニーズの高い野菜や果樹等の園芸作物でも防除実証が行われています。当会会員各社は、ドローンに係る規制緩和策の下、各薬剤の特性を精査しながら、安全優先の視点を忘れず、これらに的確に対応した新規剤の創出、利便性等の現場ニーズに応えた製剤や散布技術の開発を進め、スマート農業の後押しをしてまいります。

また、薬剤抵抗性が問題となる農業生産現場では、有効な薬剤をできるだけ長く使っていただくためにも、農薬の抵抗性管理をしっかり行うことが重要です。当会では、病害虫の薬剤抵抗性発達を防ぐため、RACコードを利用したローテーション防除について解説したリーフレット「RACコードをご存じですか?」を提供しています。農家の方々の意識を啓発し、正しいローテーション散布を促すことを目的に、指導・普及の担当者や農家の方に無料で配布しています。これらの取組を通して、農業者の労務費削減や、高品質な農産物の安定的な供給と付加価値向上が実現し、市場の拡大とともに農家の収入の増加につながるよう努めてまいります。

本年の干支は辛丑(かのとうし)で、「辛かったことが終息し、大きな希望が芽生える年」と言われています。新年は、コロナ禍が収束し、当会のビジョン活動の成果として、「農薬の安全性と有用性が多くの人々に認められ、農業者が自信を持って農産物を生産し、消費者は安全・安心な食生活を楽しめる社会となっている」という目標が前進するよう、努めてまいる所存です。

本年が皆様にとり、より良い年となりますことを祈念いたします。

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る