食品流通 ニュース詳細

2013.06.19 
食品廃棄物、前年比4%減、1996万t一覧へ

 農水省は6月17日、平成23年度の食品廃棄物などの発生量と食品リサイクルなど再生利用実施率の調査結果を公表した。

 食品産業全体の食品廃棄物などの年間発生量は1996万トンで、前年に比べて4%減った。このうち再生利用等の実施率は84%で、同2ポイント増えた。
 業種別で最も廃棄物の発生が多かったのは食品製造業で、全体の8割を超える1658万トンだった。食品製造業は再生利用等の実施率も高く、廃棄物全体の95%が再生利用されている。次いで廃棄物の発生が多いのは外食産業で187万トン。しかし再生利用等の実施率は23%ともっとも低かった。食品小売業は発生量128万トン、再生利用等の実施率41%だった。
 再生利用の用途別実施量は、飼料がもっとも多く全体の75%を占める。次いで、肥料18%、油脂・油脂製品が4%となっている。


(関連記事)

22年度食品廃棄物の発生量、8%減(2012.09.10)

外食産業で食品廃棄物をどう減らすか  食品産業センターが報告書(2010.04.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ