2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品廃棄物、前年比4%減、1996万t2013年6月19日

一覧へ

 農水省は6月17日、平成23年度の食品廃棄物などの発生量と食品リサイクルなど再生利用実施率の調査結果を公表した。

 食品産業全体の食品廃棄物などの年間発生量は1996万トンで、前年に比べて4%減った。このうち再生利用等の実施率は84%で、同2ポイント増えた。
 業種別で最も廃棄物の発生が多かったのは食品製造業で、全体の8割を超える1658万トンだった。食品製造業は再生利用等の実施率も高く、廃棄物全体の95%が再生利用されている。次いで廃棄物の発生が多いのは外食産業で187万トン。しかし再生利用等の実施率は23%ともっとも低かった。食品小売業は発生量128万トン、再生利用等の実施率41%だった。
 再生利用の用途別実施量は、飼料がもっとも多く全体の75%を占める。次いで、肥料18%、油脂・油脂製品が4%となっている。


(関連記事)

22年度食品廃棄物の発生量、8%減(2012.09.10)

外食産業で食品廃棄物をどう減らすか  食品産業センターが報告書(2010.04.02)

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る