食品流通 ニュース詳細

2014.04.02 
年間の食品廃棄物191万トン一覧へ

 食品廃棄物が最も多いのは外食産業で約130万tに達し、全体の7割を占めることが3月31日、農水省の調査で分かった。

 調査は、「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」に基づき、24年度に定期報告を行った食品廃棄物の年間発生量100t未満の4280事業所が対象。
 それによると、24年度の食品廃棄物等は全体で190万9000t。うち外食産業が127万9000tで67%を占め、次いで食品小売業が30万8000t(16%)、食品製造業23万t(12%)、食品卸売業が9万2000t(5%)の順になっている。

 

食品廃棄物等の年間発生量と業種別構成割合(食品廃棄物等の年間発生量100t未満の事業所)

(関連記事)

外食産業表彰、受賞者決まる(2014.03.13)

売上げ6カ月ぶりに前年下回る 外食産業(2013.11.27)

台風の影響あるも前年並確保 9月の外食産業(2013.10.28)

3生協が受賞 食品産業もったいない大賞(2014.03.18)

食品ロス削減に向けて、国民運動展開 農水省(2013.10.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ