人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

野菜中のダイオキシン類の健康リスクは小さい 農水省2015年7月8日

一覧へ

平成25年度調査

 農林水産省は、野菜等に含まれるダイオキシン類の25年度実態調査の結果を22年度と同程度の結果であるとし、野菜類から摂取するダイオキシン類の健康リスクも小さいと公表した。

 農林水産省は「ダイオキシン対策推進基本指針」及び「食品の安全性に関する有害化学物質のサーベイランス・モニターリング中期計画」に基づき、農畜水産中のダイオキシン類濃度の実態を調査している。
 25年度の実態調査では環境影響を受けやすい露地栽培のほうれんそうなどを22年と比較。統計的に有意な差はみられなかった。
 野菜からの摂取量を、ダイオキシン類濃度が高い品目を用いて推定した結果、耐用一日摂取量の百分の一未満となり、健康リスクは小さいものと公表した。
 農産物の汚染は、大気中の粒子などに結合したダイオキシン類が植物の上から降りかかることが原因とされている。農林水産省では、農産物中のダイオキシン類濃度の経年的変化をみる調査を15年度から行っており、22年度までの結果で濃度に増減がないことがわかっている。
 ダイオキシンは脂溶性であるため、農産物から摂取されるダイオキシン類は、魚介や肉に比べて少ないことが過去のデータから知られている。
 調査結果の詳細については農水省のホームページで。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る