左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野菜の生育・価格見通し6月はほぼ平年並み 農水省2019年6月11日

一覧へ

 農林水産省は6月7日、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況および価格見通し(2019(令和元)年6月)について、主産地などから聴き取りを行った結果を公表した。

 現在の生育状況を見ると、
▽根菜類(ダイコン・ニンジン)は、ダイコンは、千葉県では生育期間の気温が平年を上回って推移したため、生育は前進傾向。後続産地の北海道は平年並みであるが、青森県は低温や乾燥により育成がやや遅延。ニンジンは、平年並み。
 ▽葉茎菜類(ハクサイ、キャベツ等)は、低温や乾燥により生育がやや遅延していたが、5月下旬以降の気温上昇や降雨に伴い生育が回復。
 ▽果菜類(キュウリ、ナス等)の生育は平年並み。
 ▽土物類(バレイショ、サトイモおよびタマネギ)は、バレイショおよびタマネギは、育成期間の気温が平年を上回って推移したため、生育・肥大が進み、大玉傾向。サトイモは平年並み。
 このため、平年(直近5か月平均)比の価格見通しは、6月後半はタマネギが「安値水準で推移」の他は「平年並みで推移」となっている。
 なお、同省によると、聞き取りを行った14品目の野菜の生育状況は、東京都中央卸売市場外において流通するものについても、同様の傾向という。
 また、これまでの公表資料は、需給、ガイドライン、入荷及び価格の見通し等に関する情報(農林水産省)で公開されている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る