食品流通 ニュース詳細

2019.12.23 
健康志向食品 1兆4792億円(2.6%増) 富士経済調査一覧へ

 総合マーケティングビジネスの富士経済は、健康志向食品(明らか食品・ドリンク類)の国内市場を調査した。

nous19122311_1.jpg

健康志向食品(明らか食品・ドリンク類)市場

 健康志向食品市場は、高単価なサプリメントの摂取には至らないが、健康に良さそうな、または、健康性がプラスされている食品を日常に取り入れようとする消費者意識の高まりを受けて拡大している。

 2019年市場の見込みは、2018年比で健康志向食品は、1兆4792億円で2.6%増。トクホ飲料の縮小が目立つが、好調な機能表示食品が市場をけん引した。中性脂肪値・コレステロール値改善など機能性表示食品が増加し、1895億円で4.6%増加した。

 2019年はトクホ飲料が引き続き縮小しているのに加え、需要開拓の一巡や、ブームの沈静化により乳酸菌配合の機能性表示食品がマイナスに転じるなど、発売から数年が経過した機能性表示食品で苦戦するケースもみられる。

一方、中性脂肪値・コレステロール値改善を訴求するトマトジュースの続伸やノンアルコールビールの再活況、認知機能サポートや睡眠サポートなど、需要開拓が期待されるカテゴリーでの商品投入の活発化などもあり、機能性表示食品全体では増加の見込み。また、エナジードリンクやプロテイン商品も引き続き好調で、2019年の健康志向食品市場は2018年比2.6%増が見込まれる。

 2019年は、野菜、果物、調理品など外観や形状から明らかに食品と認識される「明らか食品」が4708億円、ドリンク類が1兆84億円となる見込み。明らか食品は機能系ヨーグルトなどが苦戦しているが、脂肪対策訴求や抗酸化・抗加齢訴求のチョコレート、喉の不快感除去の喉飴などが伸びている。

 ドリンク類はヨーグルトブームの沈静化から整腸効果訴求のドリンクヨーグルトや乳酸菌飲料が縮小しているが、エナジードリンクやプロテインドリンクが大幅に伸びているほか、脂肪対策訴求を中心に茶系飲料やドリンクヨーグルトの機能性表示食品の新商品発売が続き好調だ。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ