左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本企業最上位はイオン 世界の小売業ランキング2020発表2020年4月17日

一覧へ

 デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区)は4月15日、「世界の小売業ランキング2020」を発表した。同レポートは、全世界の小売企業から2018年度の売上高上位250社をランキングにまとめ、地域別、セクター別に分析。また、世界経済の展望に加え、急成長小売企業50社と上位250社へ新たに加わった企業について解説している。

上位10社の小売企業上位10社の小売企業

 調査結果によると、上位250社の総小売売上高合計は、4兆7400億米ドルで前年度より2100億米ドル増加。平均小売売上高は、190億米ドルで同14億米ドル増加した。2013~2018年度における小売売上高の年平均成長率は5.0%となった。

 トップ5の企業の顔ぶれは昨年と変わらなかったが、アマゾンは、小売売上高の成長率で2018年度の小売企業上位10社中、最も高い18.2%を記録し、今回初めてトップ3に入った。

 なお、1位は22年以上連続でウォルマート。2位は、6年連続でコストコがランクインした。

 日本企業でトップ250入りした企業数は、昨年より2社減って29社。最上位は13位にランクインしたイオンだった。

 続いて19位にセブン&アイ・ホールディング、52位にファーストリテイリング、67位にヤマダ電機がランクインした。

【世界の小売業ランキング2020】

上位250社にランクインした日本小売企業29社上位250社にランクインした日本小売企業29社

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る