左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

男性20、60代で恐怖心薄れる傾向 新型コロナに関する調査レポート2020年4月20日

一覧へ

 マーケティングリサーチのアスマークは、新型コロナウイルスに関して日々変わる消費者の意識・実態を調査し、4月末まで月、水、金の週3回公開している。調査は一都三県在住の500サンプルが対象。

恐怖レベル新型コロナに関する調査レポート・恐怖レベル

 4月17日公開のテーマは「感染への恐怖心・意識」。「コロナウイルスの感染拡大」が騒がれる中、感染への恐怖心・意識について聞いたところ、恐怖レベルは全体的にやや下降傾向にあり、特に男性20代と60代でその傾向が顕著にみられた。"自分事"としての意識は、男女で大きく傾向が異なり、女性は自分事として意識する人が増加する一方、男性は減少傾向にあった。

自分事レベル自分事レベル

 また、普段の買い物行動で気にするようになった人は約半数で、「人が多い時間帯の利用を避ける」が特に多く、何かに触れることを避けている人は少ない。人を避ける意識はあるが、モノからの感染意識は高まっていないようだ。
 

買い物で気にするようになったこと買い物で気にするようになったこと

 さらに、「一律10万円支給の年収制限の是非」について調べたところ、設けなくてよいと思っている人が多数を占め、男性20代から30代が特にその割合が高かった。

一律10万円支給の年収制限の是非一律10万円支給の年収制限の是非

【コロナウイルスに関する調査レポート】

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る