Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナ被害の生産者を緊急支援 農産物直接買取りを全国に拡大 農業総合研究所2020年5月8日

一覧へ

新しい農産物流通システムを展開する農業ベンチャー、(株)農業総合研究所は、新型コロナウイルス感染症拡大による取引先の休業などで生産販売額が減少した同社登録生産者の農産物をこれまで買い取ってきたが、対象を全国の生産者に拡げ、より多くの生産者の支援に取り組むことを決めた。

同社は「持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにする」をビジョンに掲げ、日本と世界から農業が無くならない仕組みを構築することをめざす農業ベンチャー。全国約8800人の生産者と都市部を中心に約1500店舗の小売店をITでダイレクトにつなぎ、情報・物流・決済のプラットフォームを構築している。

今回、独自の流通網と集荷場を活用することで、出荷販売額が減るなどの被害を受けた生産者を支援するため、農産物の緊急買い取りを実施。買い取った農産物は、外出自粛の影響などで急増する農産物需要に対応するため、都市部を中心とした販売店に供給する。

◎買い取り支援の概要
対象農家:新型コロナウイルス感染症拡大による取引先の休業などにより生産販売額の減少などの被害を受けた個人、法人の生産者。同社登録生産者以外も対象

対象地域:全国の都道府県

対象農産物:小売店で販売可能な全ての青果類で、同社の品質基準を満たすもの

買取り方法:全国にある同社の集荷場やセンターで買い取る

期間:5月31日まで

(関連WEBサイト)
【買取り支援詳細】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る