Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA全中中央SP

ストレスのない県1位 男性は青森県、女性は鳥取県 ストレスオフ県ランキング2020年8月27日

一覧へ

(一社)ストレスオフ・アライアンスは、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言明けの7月23日から7月27日にかけて全国10万人の男女(20~69歳の男女各5万人)に「ココロの体力測定」調査を実施。「ストレスオフ県ランキング2020」を発表した。

ストレスのない県1位 男性は青森県、女性は鳥取県 ストレスオフ県ランキング

調査によると、ストレスのない県の1位は、男性が「青森県」で、女性は、「鳥取県」が2年連続で3度目の1位だった。2016年に初のストレスオフ県1位になって以降、鳥取県ではストレスオフを推進し、女性にとって暮らしやすい環境の維持に努めているという。さらに、恵まれた自然環境や、コーヒー県として知られるコミュニケーション文化などさまざまな要因から、コロナ自粛後の今も低いストレスオフ指数を維持できていると考えられる。

ストレスのない県1位 男性は青森県、女性は鳥取県 ストレスオフ県ランキング10

◎全国平均より低ストレス者は多く、高ストレス者は少ない傾向

「ココロの体力測定」調査では、厚生労働省のストレスチェックB基準に照らし合わせ、回答者のストレスレベル割合を算出。第1位だった青森男性と鳥取女性は、全国平均と比較し「低ストレス者(39点以下)」の割合が多く、逆に「高ストレス者(77点以上)」割合は少ない傾向となっており、高いストレスオフ指数に貢献しているようだ。

◎新型コロナウィルスへの不安度は、鳥取女性は首都圏女性の半分以下

今回は、東京で新型コロナウィルス陽性者数が100人台後半で推移していた7月23~27日の調査。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)では、「不安がほとんどいつも」が男性10.5%、女性15.6%であったのに対し、青森男性は6.2%、鳥取女性に関しては7.5%と半分以下だった。

◎コロナ自粛生活に関連する生活への不満が少ない

新型コロナによる自粛生活の中で生活への不満度に関連する項目を見ると、全国平均と比べ青森男性は「自粛期間後の勤務形態」「職場や自宅の協力体制」への不満が少ない傾向だった。同社の研究では、「通勤」が現代人のストレスに大きな影響を及ぼしており、通勤を含め、仕事にまつわる事柄のストレスの少なさが青森男性のストレスオフ県第1位に貢献している可能性があるという。

一方の鳥取女性は、全国平均と比較して「現在の健康状態」への不満がもっとも少なく、コロナ自粛期間は運動不足を感じている人が多かった中、体調を維持できていることを示している。

◎積極的に行っているリラックス方法には地域性も

緊急事態宣言期間中は外出もままならず、特に不自由さを感じた時期でもあった。そんな中、青森の男性・鳥取の女性ともに積極的なリラックス方法が、「温泉」だった。

青森男性が全国男性と比較し積極的に行っているリラックス方法は「BBQ」や「ドライブ」などの気晴らしや、「ガーデニング」「日曜大工・DIY」といったおうち時間を楽しむ方法。

コミュニケーションを大事にしている鳥取女性は、「同性の友人との食事」が徐々に再開できていることも、リラックスにつながっているといえそうだ。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る