想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

白米のようなおいしさ 冷凍の「玄米おむすび」発売 小川屋2020年9月9日

一覧へ

明治26年創業、漬け魚を中心とした食品製造の(株)小川屋(新潟市)は、家庭で手軽においしく栄養も摂れる新商品「素肌の玄米 冷凍おむすび」を9月8日に発売した。

素肌の玄米 冷凍おむすび素肌の玄米 冷凍おむすび

「玄米おむすび」パッケージ「玄米おむすび」パッケージ

「手軽」「時短」など食事に対する需要に加え、新型コロナウイルスの影響による自粛生活の中で、保存がきく食品へのニーズが高まっている。また、家にいる時間が増えた子どもに、手軽でおいしいだけでなく安心で栄養のある食品を与えたいという需要も増している。そこで同社は、白米ではなく、ビタミンやミネラル、食物繊維など、より栄養を豊富に含む玄米の、手軽に食べられて保存がきく冷凍おむすびを開発した。

玄米は硬く、クセがあって食べづらいという声をふまえ、食べやすさを第一に商品開発を進め、行き着いたのが「素肌の玄米」。新潟県産の品種「みずほの輝き」を使っており、新潟県内の米屋が持つ特別な精米技術により、玄米の薄い皮膜をわずかに削る加工を施している。これにより吸水率を高めて玄米特有の硬さを和らげ、まるで白米のような食感を実現した。また、内部のデンプンが表面に出てくることで、通常の玄米よりも旨味を感じやすいのも特徴。

小さな子どものおやつ代わりになるよう、保存料や化学調味料は使わず、よりたくさんの栄養を摂れるように合わせた魚や海藻などの食材も全て無添加にこだわった。
鮭、しそひじき、しらすわかめの3種類で各種4個入り864円(税込)。

【小川屋オンラインストア】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る