想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

災害用の備蓄に お米を新鮮に保存できる「米(まい)ストック」発売2020年9月11日

一覧へ

創業99年のおくむら米穀(大阪市福島区)は、災害用の備蓄としてお米を新鮮に保存できる「米(まい)ストック」の販売を始めた。

米ストック米ストック

「米ストック」は、お米がまずくなる原因のほと酸化を防ぎ、普段食べているお米を新鮮なまま備蓄できる。京都大学の満田久輝名誉教授が考案したお米の保存方法「冬眠密着包装(炭酸ガス封入密着包装法)」により、炭酸ガス(食用二酸化炭素)を使って袋内を密閉状態にし、新鮮さを保持。密封性の高い特殊な米袋(ガゼット袋)に炭酸ガスを封入し密閉状態で保存する。薬剤を使わずに、カビ、微生物やコクゾウムシ等の害虫の発生を防ぐことができる。同店では2キロと5キロの密閉袋を用意している。

また、最近では新型コロナウイルスの影響による買いだめで、物資の入手が困難になる事態も発生したが、「米ストック」を利用することで、日ごろから備えておけば、いざというときに慌てることもない。半月から1か月分のお米を備蓄できるため食糧の確保が難しい災害時でもおいしいお米が食べられる。

【おくむら米穀】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る