想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「おにぎりアクション2020」寄付つき米販売などでサポート オイシックス・ラ・大地2020年10月7日

一覧へ

安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地は、10⽉16⽇の世界⾷料デーにあわせ、TABLE FOR TWO International(TFT)が10⽉31⽇まで実施している「おにぎりアクション2020」に協賛。運営する「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の各サービスで、新米を始めとした寄付つき商品販売とSNSでの投稿キャンペーンを実施している。

「おにぎりアクション2020」「おにぎりアクション2020」(クリックで拡大)

おにぎりアクションは、「食」を通じて世界の食料・健康問題の解決に取り組む⽇本発の社会貢献運動であるTFTが、2015年から毎年10月16日の「世界食料デー」を記念して実施しているソーシャルアクション。

日本の代表的な食べもの「おにぎり」をシンボルに、期間中の対象商品の購⼊や、「おにぎり」写真のSNSや特設サイトへの投稿が寄付につながる。アフリカ・アジアの子どもたちに給食をプレゼントできる取り組みで、過去5年間の開催で、累計80万枚の写真が投稿され、約450万食の給食を届けている。2019年には「ジャパン SDGs アワード」で、この取り組みがSDGs副本部長(外務大臣)賞を受賞した。

同社は2008年からTFTに参加。ユーザーにヘルシーな寄付つき商品を購入してもらう通年の取り組みにより、アフリカ・アジアの⼦どもたちに累計528万⾷(2020年8⽉末現在)を超える寄付⽀援を実施。「おにぎりアクション」には初年度から参加している。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る