想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

120年ぶりに復活「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」発売2020年10月20日

一覧へ

地域資産を発掘し地元の人たちで名産品をゼロから作り上げる、まち育てプロジェクト「まちいく」で商品化した日本酒「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」が「ロンドン酒チャレンジ2020」の純米大吟醸部門で3年連続で受賞。これを記念して、それぞれの年の「本菱」がお得に味わえる飲み比べセットを発売した。

「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」

「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」は、120年前まで実際に作られていた幻の日本酒で、山梨県富士川町の活性化をめざす地域活性プロジェクト「まちいくふじかわ」のメンバーが商品化した。2015年11月にプロジェクトを開始し、クラウドファンディングで募集したプロジェクトメンバーを中心に、地元醸造店や酒米農家の協力を得ながら、商品企画から田植え、稲刈り、仕込みまで実施。2017年4月に商品化に初めて成功し、現在はプロジェクトの5期目を迎えている。

酒造り未経験のメンバーが復活させた同商品は、様々な国際的コンクールで賞を受賞するまでに成長した。

酒ソムリエ協会が主催する「ロンドン酒チャレンジ」は、ヨーロッパで最も歴史のある日本酒に特化した品評会。世界各国で活躍する日本酒を熟知した酒ソムリエが味や香り、ラベルの洗練度と包装についても審査し、世界基準で評価判定をくだす。

「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」は、当品評会の純米大吟醸部門で、2018年銀賞、2019年金賞、2020年金賞と3年連続で高い評価を得た。

「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」は、華やかな香りとほのかにフルーティーで、キリッとした喉ごし。原材料は、富士川町産「玉栄」を50%まで精米し、酵母は、華やかな香りを実現する、最新の協会酵母1901号。フレッシュさを残すため火入れ一回で冷蔵保存してから、瓶詰め前に一回火入れする。冷やして飲むと本来のおいしさを感じられる。「本菱」の復活をゼロからサポートした地元の酒蔵、萬屋醸造店の杜氏は「これまで作ってきたお酒とは全く違う」と話している。

【「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」申し込み】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る