Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

産学連携でグルテンフリーの米粉麺「う米めん」を開発 工学院大学2020年10月23日

一覧へ

工学院大学は、アルファ電子(株)と米粉麺の「う米めん」(うまいめん)を開発した。小麦を使わないグルテンフリー麺で、高アミロース米を使うことで血糖値の上昇を抑える効果もあり、小麦アレルギーのある人も安心して食べられる。

玄米太麺のジェノベーゼパスタ玄米太麺のジェノベーゼパスタ

「う米めん」は、動物性原材料、化学調味料などを含まない体にやさしい無添加食品。グルテンの代わりにデンプンを添加することで、もっちりとした歯ごたえのある食感を実現した。玄米太麺、玄米細麺、白米中太麺、白米細麺の計4種類があり、パスタ・エスニック・和食など食べ方によって使い分けられる。ゆで時間は90秒~3分程度と時短調理が可能でアウトドアにも最適。「う米めん」通販サイトで販売している。

共同開発では、同大学先進工学部応用化学科の山田昌治教授が、試作条件の提案や試作品を分析。食品を評価する分析装置で、食感・香り・粘度などを数値化し最適な材料の配合と製造プロセスを検証し、科学的なアプローチで米粉麺の美味しさを追求した。

家庭で炊飯する機会が減り、米食の消費が低迷する中、米粉由来の麺やパンに注目が集まっている。需要が落ち込む国産の米を使うことで食品ロスを削減し、SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」に貢献する。

【「う米めん」通販サイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る