想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本酒で初挑戦「獺祭」がサザビーズに出品 旭酒造2020年10月27日

一覧へ

旭酒造は、「最高を超える山田錦プロジェクト2019」の山田錦の品質を評価するコンテストの優勝米で造った「獺祭」を製品化し、そのうち6本をサザビーズのオンラインオークションに出品する。サザビーで日本酒の取り扱いは今回初めて。

日本酒で初挑戦「獺祭」がサザビーズに出品 旭酒造

同社は、「最高を超えた獺祭を作るために、最高を超える山田錦を作って頂きたい」という思いで、2019年から山田錦プロジェクトと銘打ち、山田錦栽培農家を対象にした山田錦の品質を評価するコンテストを行っている。

今回、同オークションに出品する「獺祭~最高を超える山田錦2019年優勝米~」は、同コンテストで全国160人のエントリーの中からグランプリを獲得した、栃木県の山田錦栽培研究所・坂内義信さんの山田錦を使用。「磨きその先へ」の製法を基に、さらに踏み込んだ形での酒造りを行っている。

表ラベルと特製の木箱にはシリアルナンバー付き。オークションへの出品は1、2、3、6、7、8番の6本。23本のうちサザビーズオークションに出品されない17本は販売されず、市場に出されるものは今回オークションに出品される商品のみとなる。

オークションは10月30日金曜日から始まり、11月10日の日本時間正午に落札額が決定する。

サザビーズの予想落札価格は一本45万円~70万円。一本3万円の「獺祭 磨きその先へ」が最高額となる同社にとっても大きなチャレンジとなる。

【「獺祭の最高を超える獺祭」特設ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る