想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品ロスの削減と生活困窮者支援へ食品回収ボックス常設 コープ新松戸店2020年11月19日

一覧へ

コープみらいは、とうかつ草の根フードバンクと協力し、11月18日から、コープ新松戸店(千葉県松戸市)に、家庭で使い切れない缶詰、インスタント食品などの食品を寄贈してもらうためのフードドライブ専用食品回収ボックスを設置した。

設置説明会に参加したコープみらいの首藤氏(写真左)と、とうかつ草の根フードバンクの髙橋氏設置説明会に参加したコープみらいの首藤氏(写真左)と、とうかつ草の根フードバンクの髙橋氏

コープみらいが千葉県内の店舗に食品回収ボックスを常設するのは、コープ花見川店、コープ東寺山店、コープ薬円台店、コープ市川店、コープ鎌ケ谷店、コープ八千代店に続き7店舗目。

回収した食品は、とうかつ草の根フードバンクを通じ、支援を必要としている子育て家庭や子ども食堂へ無償で提供される。

コープみらいは、4月~6月に新型コロナウイルス対応の緊急支援として約500キロの食品等を寄贈したことを皮切りに、7月に食品等の寄付に関する覚書を締結。9月から毎月100キロの米の提供などを始めた。
とうかつ草の根フードバンクとさらに協同して取り組みを始めるにあたり、18日には説明会を開催。

とうかつ草の根フードバンクの長髙橋亮事務局は「コロナ禍で生活に困っている家庭が増えている。寄贈いただいた食品は地域の子ども食堂を通じて必要な方にお渡ししていく。一人でも多くの方にご協力いただきたい」と呼びかけた。また、コープみらい常務執行役員の首藤英里子千葉県本部長は「食品回収ボックスの設置で、支援を必要とするみなさんに食料品が行き渡るよう、ご来店いただく組合員や地域の方々に寄贈を呼びかけたい」と話した。

食品回収ボックスに食品を入れる利用者食品回収ボックスに食品を入れる利用者

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る