想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新米記者のんがルーツをたどる 岩手県産米「金色の風」新CMを公開中2020年12月2日

一覧へ

岩手県は、県産米の最高級品種「金色の風(こんじきのかぜ)」の新米のCMに女優で「純情産地いわて宣伝本部長」ののんさんを起用。岩手県内と、首都圏でテレビ放映するほか、Youtube「岩手県公式動画チャンネル」で公開している。

「金色の風」のポスター「金色の風」のポスター

新CMでは、岩手純情新聞社の新米記者「江刺のん」という設定ののんさんが、いわて純情米「金色の風」のルーツを辿って岩手県内各地を取材。そこで出会う「金色の風」の生みの親たちである開発担当者や生産者に、10年を要した開発期間、おいしさの秘密、栽培を始めた時の苦労などを聞くうちに、岩手と「金色の風」への愛を深めていく。

日本一のお米を作ることを目的に研究が始まった「金色の風」。お米のおいしさである粘りと味を決めるタンパク質成分「アミロース」の含有率が理想的な稲を探し、遺伝子レベルで特定するため、1万2000種のお米を栽培して食べるという地道な作業から生まれた。倒れやすい稲で、夏の前に田の水を一度抜く「中干し」という昔ながらの工程が必要な手間のかかる稲だという。

CM公開に先駆けて11月3日に都内で行われた「金色の風」の新米発表会でJA岩手県五連の小野寺敬作会長は「今年のコロナ禍で農家は大変な思いをしていますが、この状況を打破するため一体となって取組みをしています」とあいさつ。また、のんさんは「金色の風は甘みが強くお米の香りが堪能できる。美味しいお米なのでたくさんの方に知ってもらえるように頑張ります」と話した。

(動画)
テレビCM15秒

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る