想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

木村さん直伝 北海道で自然栽培のリンゴ畑を作るためのCF募集中2020年12月4日

一覧へ

青森県弘前市で自然栽培に取り組むピセ(株)は、北海道で完全無農薬の木村式自然栽培のリンゴ畑を開拓するためクラウドファンディングのプロジェクト「『奇跡のリンゴ』木村さん直伝!北海道で自然栽培のリンゴを実らせたい!」を始めた。

木村さん直伝 北海道で自然栽培のリンゴ畑を作るためのCF募集中

同プロジェクトでは、北海道でリンゴ農園を開拓するための費用を募集する。リターンは、同社直営の自然栽培小売店「自然栽培の仲間たち」が提供する自然栽培の野菜セットや無添加ジュースで、リンゴの苗木植樹祭へも招待される。

弘前のリンゴ農園から最後に出荷されるリンゴ弘前のリンゴ農園から最後に出荷されるリンゴ

開始1週間で支援金は当初の目標の100万円に到達したが、「害獣被害を防ぐための電気柵と追加の苗木の導入費用」のため、新たに200万円をネクストゴールの目標金額として掲げ、クラウドファンディング期間終了の2021年1月12日まで挑戦を続ける。

木村式自然栽培は、青森県のリンゴ農家、木村秋則さんが考案した農薬や肥料にたよらず、土と根を活かし、作物を活かす栽培方法。同社は、北海道で農地の新規開拓に向けて、木村さんのリンゴ畑の隣の畑を借り、「ミラクルアップルファーム」と名付けて6年間にわたって木村さん直々でリンゴ栽培の指導を受けながら、経験を積んできた。

同社は、単に自然栽培のリンゴを販売するだけでなく、自然栽培の農業に関わる人や大地を守っていくサスティナブルな世界を作っていきたいという思いで取り組んでいる。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る