想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宮古島のサトウキビ畑から「オンライン農体験」実施2021年1月14日

一覧へ

農業生産法人の(株)オルタナティブファーム宮古(沖縄県宮古島)は、緊急事態宣言でステイホームが続く中、1都3県と沖縄・宮古島のサトウキビ畑を繋ぐ“オンライン農体験”を企画。旬を迎え最高糖度の「サトウキビの体験キット」を使った、バーチャルとリアルを組み合わせた体験型の観光エンターテイメントを実施する。

サトウキビ体験キット一式サトウキビ体験キット一式

同社は、生鮮作物としてのサトウキビの本来のおいしさを届け、黒糖作りの伝統文化を守るため、有機サトウキビ栽培や、黒糖製品の製造、黒糖作りの体験型観光を通じた取り組みを実施している。

2020年3月以降、コロナ禍の移動自粛により体験案内の機会が減ったが、修学旅行の高校生向けに提供していたオンライン事前学習サービスを改良。同7月にオンライン農体験のサービス提供を始めた。現在は自社サイトのほか、OTA13社で販売している。

同サービスは、サトウキビの栽培から収穫、黒糖作り、精製糖ができるまで「畑から食卓まで」の全工程を、美味しく・楽しく・学べる体験型の観光エンターテイメント。宮古島のサトウキビ畑とZoomで繋いで、事前送付される体験キットを使い、バーチャルとリアルを組み合わせて体験する。

体験キットには、サトウキビの苗、宮古島の土、ビニール鉢がセットになった「栽培体験キット」、実際にかじれるサトウキビの茎が2本入った「収穫体験キット」と、サトウキビの搾汁液を焚き詰めた蜜、黒糖サンプル、キビ砂糖を含む「黒糖作り体験キット」、解説パンフレットが含まれる。

<サービス概要>
■体験の流れ
(1)宮古島の紹介
地理・気候・文化・果物・野菜などを、資料を使って紹介

(2)サトウキビの紹介
植生、歴史、特徴、黒糖や精製糖の製造方法などを、資料を使って紹介

(3)サトウキビの栽培体験
栽培キットを使って苗の植付体験し11月の収穫を目指して栽培※メール・電話で栽培技術をアフターフォロー

(4)収穫~丸かじり体験
収穫した生のサトウキビの茎をかじってみる

(5)黒糖作り体験
サトウキビの搾汁液を焚き詰めた蜜を使って黒糖を作る

体験開始時間:9:00~、13:00~、16:00~1日3回開催※5日前18時までの事前予約が必要
体験所要時間:75分
参加人数:最小1組・1人~最大5組・20人
通常価格:5500円/サイト(4人まで一緒に楽しめる)体験キット1式、送料・税込

【サトウキビの魅力丸かじり!!お家でリモート農体験詳細・申込み】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る