想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

18年間の緑の活動で「ちば里山アワード」大賞を受賞 松戸市2021年1月14日

一覧へ

松戸里やま応援団と松戸市は1月13日、「ちば里山アワード」のちば里山大賞を受賞。18年間続く「里やまボランティア入門講座」と、その修了生が立ち上げた「里やま活動団体」の活動やその成果が評価された。

里やまボランティア入門講座里やまボランティア入門講座

ちば里山アワードは、千葉県内で実施している里山の整備・利活用等、また里山の魅力を創出する優れた活動や先駆的な活動に対して表彰する制度。東京近郊のおよそ50万人が暮らす松戸市で、「今あるみどりを守り育て、良好な自然環境を引き継ぐこと」を目的に、平成15年から市民ボランティアと行政との協働で「里やまボランティア入門講座」が始まった。

毎年行われている入門講座の修了生が自主的に「里やま活動団体」を立ち上げ、現在14団体が行政の仲介と森林所有者の理解と協力のもと活動。さらに、14団体は「松戸里やま応援団」としてネットワークを構成し、連携を図り、精力的に活動している。現在は、学校・幼稚園・保育所などの子どもたちを対象とした森林体験の受け入れや、子育て団体と共に森を活用したイベントも開催。また、平成24年度からは森を一般市民に開放するイベント「オープンフォレストin松戸」を開催するなど、多くの市民に森の魅力を伝え、緑の大切さへの理解を広げる活動に発展している。

この取り組みは、県内初の事例で、同様の取組が近隣の自治体にも広まっている。受賞を記念し、4月に「(仮称)ちば里山アワード大賞受賞記念講演会」を予定。

松戸里やま応援団勉強会松戸里やま応援団勉強会

【里やま入門講座】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る