想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ワンサイドP乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アジア初 店内で育てるハーブ・野菜を都内スーパーで販売開始 インファーム2021年1月21日

一覧へ

次世代型屋内垂直農法を展開するInfarm – Indoor Urban Farming Japan(株)は、ベルリン発の都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」をアジアで初めて、東京都内3店舗のスーパーマーケットを皮切りに展開を始めた。

インファームのハーブを販売する店舗インファームのハーブを販売する店舗

インファームは、グローバルGAP認証を取得した最初の水耕栽培事業で、世界10か国と30の都市で展開。店内および近隣地域で農作物を栽培・収穫することで、食品廃棄物の削減に貢献する。また、土壌ベースの農業よりも土地、水、輸送距離を大幅に削減し、化学農薬を使わずに毎月50万本以上のハーブ・野菜を収穫。これまでに4000万リットル以上の水と5万平方メートルの土地の節減に成功している。

高効率の垂直農法ユニットと最新のIoT技術、機械学習を組み合わせたプラットフォームは、最適な量の光、空気、栄養素を備え、各ファームは、クラウドベースのプラットフォームに接続され遠隔的にコントロール。このプラットフォームは、それぞれのハーブ・野菜が常に最良な状態で成長するように、継続的に学習、調整、改善する。

アジアで初の展開となる高級スーパーの紀ノ国屋インターナショナル(青山店)では、1月19日から店内に設置された「ファーム(畑)」で栽培されたイタリアンパセリ、イタリアンバジル、ミント、パクチーとバラエティに富んだハーブ4種を販売。続く、同23日にはDaily Table KINOKUNIYA 西荻窪駅店で、同26日には大規模な建替えを終えたサミットストア五反野店で、順次販売を開始する。

各店舗にはインファームのスタッフが定期的に訪れ、店内で育った野菜を根が付いたまま収穫し、次のサイクルのために新しい苗を植える。生産地から消費地までの輸送距離を最短にすることで、栄養素と風味豊かな最も新鮮な状態で購入することが可能。購入後は2センチ程度の水を入れた容器に根を浸し、高温多湿を避けて保存すれば、生き生きした状態を保つことができる。

インファームの導入店舗は、4月までに首都圏での複数店舗の展開も予定。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る