想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

山形県産「雪若丸」とコラボ 「ツインシェフ」新生活応援キャンペーン開催 ショップジャパン2021年1月26日

一覧へ

ショップジャパンを展開する(株)オークローンマーケティングは、4月の新生活スタートを応援するため、1台でご飯とおかずを同時に調理できる自動調理鍋「ツインシェフ」と、山形県産ブランド米「雪若丸」をセットでプレゼントする「新生活応援キャンペーン」を開催している。

山形県産「雪若丸」とコラボ 「ツインシェフ」新生活応援キャンペーン開催

ショップジャパンが行った「新生活に関する意識調査」によると、新生活から一人暮らしを予定している新大学生と新社会人は、「週5日以上自炊したい」と答えた人が半数を超え、自炊に対する意欲が高いことが分かった。一方、今後一人暮らしをする上で料理が作れるか、栄養が偏らないかなど、「食事面」で不安を抱えている人は半数を超えていた。また、実家からの仕送りで「もらったら嬉しい仕送り」を聞いたところ、「長期保存できる食品」の人気が高く、中でも「お米」が群を抜いて1位だった。

こうした結果をふまえ、同キャンペーンは、これから新生活をスタートさせる方々の毎日の食事を少しでもサポートしようと「もらったら嬉しい仕送り」1位の「お米」の代表である山形県のブランド米「雪若丸」の賛同を得て、コラボレーションを実現した。

「ツインシェフ」は、炊飯、煮込みなど10種類のクイックメニューを搭載し、調理方法に合わせて最適な火加減や時間を自動で調整するため、料理が苦手でも簡単に調理できる。また、火元を見張る必要もなく"ほったらかし調理"も可能で、調理中の時間を有効活用できる。

◎キャンペーン概要
期間:1月25日11:00~1月31日23:59

参加方法
1)ショップジャパン公式twitterアカウントをフォロー
2)雪若丸公式twitterアカウントをフォロー
3)ショップジャパン公式アカウントから投稿されるキャンペーンツイートをリツイート

当選賞品:ツインシェフ1台+雪若丸5キロ

当選者数:10人

当選連絡:当選者にのみtwitterのダイレクトメッセージで連絡

【ショップジャパン公式twitterアカウント】

【雪若丸公式twitterアカウント】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る